IQ研究所

人生の教科書

ブログを書く意味

最近は資格の勉強に専念しかけているのでブログをあまり書くことは無い。

 

今日久々にブログを見てみて、そもそも何でブログを書いているのかとふと思った。

 

最初の最初はお金稼げたらいいな~くらいの感覚だった。

でも、自分が欲しくない商品とかを勧めるとは絶対したくないなと言うことで、日々考えていることとか、これまで考えてきたこと(ザックリしすぎ)を書くというスタイルになった。

 

要は思いついたことをまとめるノート的な。

であれば、別に紙のノートでもいい。

 

自分一人で書いて、また自分で読み返せばいいだけのこと。

 

それでも、ここにたま~に書きに来るわけは何か。

誰かに承認されたいってのはあるんかな。

 

無くはない。と言うかそれが大きいか。

 

正直、人の目に触れるかもしれないと思うと、完全に思っていることを思っているままに書くと言うことはできない。

 

その制約があるにも関わらずここで書くというのはやはり誰かが読んでくれているかもしれないと思うからだろう。

 

ほんとにそれだけだろうか。

それだけだろうな。

 

公園で一人で遊ぶのと、家の中で遊ぶことの違いか。

 

公園で一人で遊んでいると、ワンチャン誰かに見られているかもしれないという期待なのか分からないけど、そういう意識はある。

 

家の中だと、その可能性は限りなく0に近い。

 

そういう意味では「承認」という言葉より「緊張感」という言葉の方がシックリくる。

 

もしかしたら誰かに見られるかもしれないという「緊張感」。

 

今自分がブログに認める積極的な存在意義は、その「緊張感」にある。

 

おわり