IQ研究所

人生の教科書

時間の使い方が下手すぎる件について

f:id:izunox:20200708184008p:plain

ベットが友達


最近自分の時間の使い方の下手さ加減に辟易している。

 

しないといけないことが山積している中で、ベットで横になってスマホを見続けた後の虚無感はすさまじい。

 

「忙しい人ほど余裕があり、暇な人ほど忙しい」とはよく言ったもので、まさに自分に当てはまっていると感じる。

スケジュール管理がうまくいっている上で忙しい人は心理的に充実しているから自然と余裕も出てくる。その結果、さらなる活動への一歩が踏み出しやすい精神状態になる。

一方、ただ惰性で生きている人は心理的な充実とは程遠く常に「何かしなければ」という強迫観念に付きまとわれている。

昼に起きて、夕方までダラダラして、夜になってようやく活動を始める日のことを想像してもらうと分かりやすい。

きっとそんな日の精神状態は不安定で余裕がないはずだ。

友人から誘いがあっても断るかもしれないし、面白そうな本を見つけても泣く泣くスルーすることになるかもしれない。

その上、気持ちは焦るが焦ったからと言ってその分結果が出るわけではなく、当の活動においても、精神的に余裕のある人を超えることは少ないと思われる。

 

「焦りだけが募るような状態をそうすれば切り抜けられるか」がここ1年半ほどの自分のテーマになっていたように思うが、ズバリこれだと胸を張って言える解答は持ち合わせていない。

 今のところの暫定的な対処法としては「小さいことでも立ち止まってやる・確認する・考える」ことを出来る範囲でしている。

「小さいことでもやる」というのはたとえば、はがきをポストに出しに行くのが面倒だと思ってもできるだけ早く出しにったり、一日分日記が飛んでしまったなというときにすぐにその日の分を書く、というようなことだ。

「小さいことでも確認する」というのは、たとえば「パソコンでスクリーンショットしたいけど毎回やり方分からず結局できてないな」と思ったときにすぐにググる、みたいなことだ。要は調べればすぐにわかりそうだけど、めんどくさくていつも調べられてなかったことに遭遇したときに、すぐ調べるというようなこと。

「小さいことでも考える」というのは、たとえば1時間自由な時間ができたというときに、すぐに何かの作業を始めるのではなくて、何をして過ごそうか、何をしないといけないのか、みたいなことを30秒でもいいから考える、というようなことだ。

 

他に用もないのにハガキを出すためだけに出かけるのは超めんどくさいけど、あとあと自分が楽になる。

パソコンでスクリーンショットするの難しそうだなとあまり気乗りはしないが、一回調べてしまえば以後、スクリーンショットをしたい時にはいつでもできる。

1時間の使い方をある程度考えておけば、途中でだらだらしてしまうことを防げるかもしれないし、もしだらけてしまっても反省する材料になる。

 

「次につながるような時間の使い方をしよう」などと意気込んでしまうとあとあと息切れしてしまうから、無心でできる時に確認する・考えることを繰り返して、いつしか習慣にできればいい。

 

おわり