この世界はゼロサムゲームか。もしそうだとすると自分の幸せは他人の不幸か。①

大学入学以降ずっとこのトピックでモヤモヤしてきたので、一度腰を据えて考えてみる事にした。

 

 ゼロサムゲーム(ゼロ和)とは

まずはゼロサムゲーム(ゼロ和)の定義から。

ゼロサムゲームは、Wikipediaで調べたところ次のような定義になっていた。

 

ゼロ和(ゼロサムゲーム)複数の人が相互に影響しあう状況の中で、全員の利得の総和が常にゼロになること、またはその状況を言う。(Wikipediaより引用)

 

つまりは、ある人の利益を+、ある人の損失を-と考えた時、それらの総計が0になる状況のことをゼロ和(以下ではゼロサムゲーム)と呼ぶ。

 

ゼロサムゲームはゼロ和(zero-sum)とも言うらしい。

sum(総計)すればzero(ゼロ)になる、そのままだ。

 

Wikipediaにはゼロサムゲームの例として競馬・パチンコ・スロット・FXなどが挙げられていた。

 

FXなどは分かりやすい例ではないだろうか。

儲かる人がいればその裏側には必ず損をしている人がいるということ(FXを取り締まっている会社は手数料を取れるのでその限りではない)。

 

何を考えていきたいか

僕が今後考えていきたいのは、冒頭にも書いた通り「この世界はゼロサムゲームか」という問題について。

 

この問題がどういう意味なのかについては、後々細かく定義していくつもり。

もしかすると語の定義を明確にする段階で、そもそも問題の立て方がおかしかったことに気が付いたり、もっと面白い問題に変化していくかもしれない。

なぜこの問題を扱おうと思ったのか

 

この問題を最初に考え出したのは大学生になってからだと思う。

 

高校卒業まで部活や受験というはっきりと競争の形をとった制度の中で暮らしてきたが、自分が「競争の中で暮らしている」ということを意識することはほとんどなかった。たぶん毎日の生活が忙しくて、いろいろと考える余裕が無かった。

大学入学後は一転、いろいろと考える余裕ができて(しまって)将来についても考えるようになった。その時にふと、「このあと会社に入ってそこでも延々と競争していくのか」と漠然と、しかし中学、高校時代よりはリアリティをもって考えた。

 

「競争が嫌なら万年平社員でいればいいじゃないか。もしくは公務員にでもなればいいじゃないか」と言われそうだ。そして実際僕は自分自身に対して何度もそのツッコミを入れた。

 

たしかにその指摘は間違っていない。競争が嫌ならば、比較的競争の少ない公務員になるか、民間に入ったとしても、出世競争のレールから早々に外れればいいのだ。

でも、もし仮に自分が公務員になったり、万年平社員として出世競争のレールから外れる(かつ窓際族としての地位は確立する)ことができたとしても、本質的には競争から逃れられたことにはならないと思った。

 

公務員として働くとした場合、自分の給料は税金で賄われているわけだ。そしてその税金は、もちろんホワイト企業に勤めているサラリーマンや、リッチな経営者により払われてもいるが、一方でブラック企業のお財布から出ている部分も少なからずあるはずだ。そもそもなぜブラック企業が存在してしまうか、というところから考えると、それは無能経営者の手腕に帰せられる部分も少なからずあるものの、社会構造の必然が生んだという側面もあると思った。つまり、大企業の下請けなど、他方(この例でいうと大企業)が儲けを生むために、他方(この例でいうと下請け)が無理をせざるを得なくなっている状態は少なからずあるはずだ。

 

ブラック企業の従業員を置いておいたとしても、非正規雇用者から税金を取っているともいえる(ブラック企業かつ非正規雇用という例ももちろんありうる)。非正規雇用正規雇用に比して、賃金の面でも福祉の面でも低水準かつ不安定なのは言うまでもなく、一部の人たち(例えば主婦や好んでフリーターをしている人*1が自ら非正規雇用者になっているとしても、やはり、限られた正規雇用の席をその席数以上の人数で取り合っていると言えると思った。

 

 

 話が長くなってしまったが、公務員の給料の話に戻る。公務員になると、一見競争から離れられそうなのだが、今書いたように、彼らの給料は国民の労働から賄われていて、その当の労働の現場では競争が常に存在している。そうすると、競争から離れることを目指して公務員になるというのは、見たくないものから目を背けているだけで、実体としては(間接的にではあれ)競争に深く関わっていると言える。

 

窓際族にしたって同じ話だ。窓際族は、その会社の中でこそ低い地位として見られているかもしれないし本人もそう思っているかもしれないが、その人がもし正社員だとするのなら、さっき言ったように、正規雇用のポストをその人が一つ占めていることになる。

つまり、出世競争という意味においての競争には参加していないが、正規/非正規の「不可視の」競争には無意識的に参加しており、リストラなどされない限りにおいて、

 その人は図らずもその競争に勝ち続けている事になる。

 

今の話に出てきたように、現代社会に生きる人は無意識的に競争に参加している。上ではそれを「不可視の競争」に参加していると書いた。この、不可視であり、だからこそ無意識に人々が参加せざるを得ない競争が無数にある、というのが僕が大学1,2回の頃に持ったこの社会に対しての感覚だ。

 

「なぜこの問題(「この世界はゼロサムゲームか」)を考えるようになったのか」という理由を説明するために、ずいぶんと長くかかった。僕は上に書いたような見方(端的にいうと、「社会はゼロサムゲームになっている」という見方)で社会を見ている。

そして、そうして社会を見ているが、本心としてはそうではあってほしくないと思っている。つまり、ゼロサムゲームではなく、誰かの幸せが他の誰かの幸せであってほしいと思っている。

 

長くなってきたから、いったん終わる。

 

つづく

*1:「好んでフリーターをする」ことが本当にあり得るのか、ということ、つまり結局は「酸っぱい葡萄」なのではという話は置いておくとして